アクレ・ボンディ

Category

archive

Category

archive

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

皆さんこんにちは、何とか今月中にと頑張っていたオリジナル便ですが魚が集まらず今月中では無理かな?という感じになってきました。
何かもう1~2点あれば!って感じで何か物足りない状態です。
まあ皆さんもう少しお待ちくださいと言っても何もないですけどね。
何かないですかね?

では本日は昨日入荷分のアクレ・ボンディです。

この魚もマニアのご好意により出していただきました1品です。
この親に当たる個体はもともと輸入も少なく2匹のみの入荷でした。
それがたまたまペアになったようです。
今までにも○○ボンディというのが着ていましたが産地から考えますと今回は初タイプと考えられます(地域変異かな?)
詳しい川の名前までは控えさせていただくためにボリビア近郊ということでご了承ください。
まあボリビアと隣接しているブラジルのアクレ州は過去にもこのボンディ系が入荷しており最近は全く見られないですね。
あとボリビア産としてボリビアン・キングボンディというのもありましたがその当時マニアなどによりどこが?何で?「ボンディ?」という声が聞かれましたね。
おそらく命名者がボンディの定義?を知らなかったのと思われます。
私的にはアクレンシスではないかと思います。
あくまで私の予測ですがボリビアとブラジルとの国境は全部ではないですが、アブナン川というので丁度仕切られている感じです(上流に行けばxipamanu川でさらに上流ではacre川です)
このアブナン川でもアクレンシスの採集報告はあるようで、おそらくこの川または近くの水系で採集されたと思われます(間違えていたらすいません)
この辺の近郊はジュリィ系が多く見られアクレンシスを始め、プルース・ジュリィやロンドニア・ジュリィなどが有名ですよね。
しかしボリビアは内陸に行けば行くほどジュリィ系は見られなくなり昔で言うドワーフ・ジュリィ=クルジエンシスになっていきます。
話ついでにこの国境を流れる川で採集したとして想像して下さい、手前がブラジルで反対側がボリビアです。
さてこの川で採集した魚はどこ産になるのでしょうか?
ボリビア産?ブラジル産?どちらでもいいでしょうか?
こだわっている方のみ考えてください。

話はそれましたがボンディの定義?とは何でしょうか?
もともと知られているボンディ・ボンディ(現在はただのボンディ)とは全く関係ありません。
ぱっと見はジュリィですが1つだけ異なる点があります。
それは背びれのブラックトップの有無です。
何だと思う方もいるかも知れませんが私達にとっては結構なことで非常に重要です。
しかも現地でも混生しているようで始めての出会いは完全な混じりでしたね。
確かプルース・ジュリィとして入荷した中に混じっていました。
当時の私は気がつかずコリドラスマニアで有名なG氏に黙って全部抜かれたことがありました。
後日話を聞いたらはじめから分かっていたようです。
まあ昔はよくある話で現在は全体的なレベルも上がってきているので場合によっては現地でしっかり分けられてきていますね。
良いのか悪いのかは考え方次第ですね。

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください