サンパウロ在住 マツエのブログです。2012年12月24日記載

Category

archive

Category

archive

2021年 10月
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

定休日

年末あれこれ。

2012年もあと1週間ほどで暮れようとしている。
筆者にとっては、いろいろあったけど、相変わらず
アマゾンからは抜けられないでいる。

コリドラスにつては、ブラジル在住の同業の士によって
送りつくされた感がしている。アピストやデイスカスと
違って、愛好家さんたちが地域模様の変化や採集地を
重視していない、という感じがしている。
採集者にとっては、採集に行きずらい魚になった。

いっぽうアピストグラマでは、たとえば代表的なアガシジ
をとってもテフェ(パール模様)、マナカプル(真っ赤)、
サンタレン(ブルー)、マデイラ(黄色)等で別種のように
見える。
それぞれの採集地によって変異があるので、今後も採集
に行ける可能性は充分にある、と思うし出かけたいと
思っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


10月に採集してきたプルクラの今の映像、イエロータイプで
ツインバーが入るかもしれない。


エメラルドというかパール模様のはいるジュルエンシス、
筆者がジュルア川上流で採集したオス個体です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デイスカスしかりで、こちらも地域変種の著しい魚だ。
恐らく大別すると、ヘッケル(ブルー系で全身ストライプ模様)
とレッド系に2タイプ判別できる魚、と認識しているが。

現状として
デイスカスのマナウスでの最近情勢は、採集個体の大半が
高値で売れる中国市場に送られている。日本発送はアレン
ヶールで採集されているのが一部の業者さんに送られてい
るのみで、ニャムンダー辺りに集積されている魚の大半が中
国向けに目的地変更されてしまったようだ。

来年のマナウスからの魚の流れはどうなるか、と考えたら、
やはり同じ流れが続いて、新種とか地方変種が偏重されない
コリドラスは恐らく手詰まりになってゆく可能性がある。
なんとかしたいもの、と思っているが。どうなんだろう?

だからアピストとかデイスカスを中心の採集が必要になって
くるだろうと思う。
熱帯魚業界は日本ではまた30年も前の状況で推移しながら
継続されてゆくような気がしている。
そんな感じで2012年が終わっていきそうな、きがしている。

また明日かきます。」

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください