レオパ・タイガー

Category

archive

Category

archive

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

皆さんこんにちは、入荷が少ない中・また在庫も少ない中ご注文ありがとうございます。
時期的にも少ないですが逆を考えますと在庫は日本の水で落ち着いていますし、シーズンoffの関係で今しか手に入らないものもありますからね。
その辺はタイミングと決断力?ですかね。

では本日紹介するのは当店のヒット魚の1つでもあります、レオパルダス・タイガーです。
見た感じどこがタイガーって思われますが、それは流通名の1つとしてスルーしてください。
一応理由はありますが説明が難しいのでご了承ください。
話ついでに当店のコリドラスに付ける名前には一応こだわりがあってつけているものが多いです。
また理由もある場合がほとんどですね。
もしその辺で疑問などありましたら気兼ねなく質問してください。
ただ極稀にインボイスを使うこともありますけどね。
でもそれはそれで意味があってのことでもあります。

このレオパ・タイガーはハイブリッドで、ある意味ロングノーズ・エヴェリナエより数も少なく珍しいですね。
どちらに希少価値をつけるかは個人の考え方だと思いますが出現率から考えますとレオパ・タイガーは圧倒的に少ないです。
もちろんロンエヴェも少ないですし珍しいんですけどね。
このレオパ・タイガーも以前紹介したザンガマ・アーク同様、表現するなら少なくもないけど多くもないといった感じでしょうか?
ここで勘違いしないで欲しいのはエヴェリナエなんかも一見沢山来ているように見えてエヴェリナエの原型でもあるアークアータスが何億匹に対してエヴェリナエが数十匹ですので比率から考えますと多くはないですよね。
ここでは少なくないと言っていますがめちゃくちゃ少ないですよね。
是非飼っている方は可愛がってあげてください。
また普通の方はこのような背景もあるんだということを知らないと思いますので是非このブログを通じて分かって欲しいです。
以前私も雑誌などを通じて現地のことや魚は大変な思いをして皆さんのとこに来ているなど書いていましたが、最近はそのような話はあまり見られないため是非勉強していってください。

何か話がそれましたがまずは写真を見てみてください。

いかがでしょうか?
面白いですよね?2個体と同じ個体はいないですよね?
それとも写真を見ても普通のレオパルダスにしか見えないでしょうか?

レオパ・タイガーの特徴としまして背びれの基底部が黒くなります。
片親はレオパルダスなんですが正直もう片親が分かりません。
たぶん背中の黒を見ますとアガシジィ?かなとも思えます。
1番目の写真と2番目はなんとなくアガシジィの特徴が出ていますよね。
逆に1番下のでかい個体はレオパルダスぽいですね。
正直このでかいのは今でも覚えているほどインパクトがありました。

レオパ・タイガーはエヴェリナエ同様水槽内で変化するらしいです。
当店にレオパ・タイガーマニアがいますが、その方いわく全くの別物に変化するようです。
以前当店ギャラリーにも載っている個体の写真を送っていただいたのもそのマニアの方ですがその個体は現在はさらに変化して全然違うらしいです。
話では全身金色になっているらしいですよ。
ただ全部が全部金色になるわけではないらしいです。
中には変な模様だったりと何か変?だそうです。
たぶんこのブログを見てその後の写真を送ってくれると思いますので是非期待したいと思います。

最後にこのレオパ・タイガーも前回のジュルア同様欲しいといわれても手に入る魚でもありません。
またプラスαハイブリッドですのでお約束はできませんが興味のある方は連絡ください。

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください