「マツエのぶろぐ」 アピストグラマのSP/ミウアについて。

Category

archive

Category

archive

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

こんばんわ、ブラジルと日本は時差12時間で、昼夜が全く逆、、です。

今回から主題を「マツエぶろぐ」という名称にさせていただきます。
新しい名称をよろしく、お願いします。

今回は、先月、すし屋のあき時間(定休)を利用してアマゾン河支流ネグロ
川のマナウスまで出向いて見てきたアピストグラマについて書いてみます。

アピストグラマに着目された経験のある方であれば、ご存知のはずですが、
SPニュー・ミウアという仮称がついているとても綺麗なアピストがいます。

その映像を今回、下に写真をはりつけておきます。
ぺルテンシス系の細身の魚で、アピストマニアを自称する方ならすぐに
判ってもらえると思います。

実際、ここの水槽にきて1ヶ月あまりで、大変身してしまって
「こんなに綺麗な魚だったかなー」
と改めて見惚れてしまっています。

アピストブームは去ってしまったのかもしれませんが、ブームは関係なく
この魚が好きな方たちにとっては、多分たまらない映像になるのでは、と思った
りしています。

こんな感じで、次回からも時々、思い出の魚についてのコメントもしたいと思って
います。    さかなはこれまで。

今日の個人的感動。
2011年4月11日、今、私のすし屋を手伝ってくれている農大の後輩が女子ソフトボール
の監督をしている、と先日書きました。

彼は、今、血圧が高くて我が店を休養しているのですが、土曜、日曜のソフト監督業は続け
ていまして、先週土曜日にブラジル・カップという公式トーナメントがあったそうです。
彼の娘は、今、女子全日本チームの二位番手投手をしている 染谷美佳ちゃんといいます。
例の怪物投手の二番手で、北京オリンピックでは金メダルなんかも もらってきています。

そんな彼が去年からコーチをしていた万年最下位かブービーチームの、監督をこの2月から
引き受けたのです。
今試合のカテゴリーが6チームづつABCと18チームある中、Cの最下位18位だった
チームを、おとといの公式試合では予選を勝ち上がり、なんとBランクの優勝までもっていった
そうです。

毎日、うちで手打ちうどんを踏んだり、カレーの芋の皮を剥いている彼が、野球場にたつと人間
が変わってしまうらしいです。
そんな先日の話を電話で聞きながら、今日はこの話題で感動していました。
私が60歳、彼は56歳です。
こんなことで、未だに毎日ワクワクしながら過ごしています。

               2011年4月11日夕刻記述

昨日書き忘れたのですが、皆様のご意見のあて先は

omohori@yahoo.com.jp
 
です。昨日書き忘れて申し訳ありません。

下の写真が今回のアマゾン河支流ネグロ川孫流のミウア川で生息しているアピストです

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください