アマゾン河支流アラガイア川に行ってきました。(3)

Category

archive

Category

archive

2021年 7月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

ブラジル・サンパウロ在住 マツエの熱帯魚、水草採集ブログ。

2013年4月11日記載

2013年4月9日記載

2013年4月8日記載開始。

2013年3月末から先週まで、サンパウロから最も近い距離
にあるアラガイア川に単身、採集に行ってきました。

今回の旅で、道路が及ぼす自然破壊の実態が見えたように
思います。

人間に好都合な改革が、いかに自然動植物を破滅に追い込
んでしまうか・・・の証明ではないでしょうか。


上の映像、この状態が7年前に行った頃の現地風景、川には
魚や水草がいっぱいでした。
下の映像・・・今回訪れた現地状況、。農業的・・・人間主体の
風景としたら素晴らしい光景ですが・・・。

この情景の変化(近代化)では、この畑に加えられた農機具に
(トラクターやブルトーザー)よる物理的変化(環境破壊)と
投下投入された除草剤、石灰、肥料、農薬によって従来住んで
いた動植物は完全に駆逐されてしまっている。
ここにいたコリドラスは完全に消滅させられていた。
時代の流れで仕方がないのですかね・・・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久しぶりに自分で運転して3400kmの長丁場、頑張ってきま
した。還暦を過ぎてまだやればできる、という自分への証明に
もなった旅となりました。

最初の目的地としたのは、RIO VERDE(ベルデ川)という川で
エキノドルスのベルデ川採集という個体をみつけたかったから
で、ひょっとしたらこのベルデ川で採れるかもしれない、という
淡い期待があったのだが・・・。


ここ10年、あこがれていたベルデ川、ずっとこの川がオパークス
の里だと思っていた。


ベルデ川の支流に入ってみた。筆者の経験からの感想として
この川は砂地で、リオグランデ方面の状況とは違っている。
恐らくこの川に深緑系エキノは無いのではないか、と思った。

支流に入ってみて、なんとか行き当たらないか、と努力したが
残念でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰りの採集で7年前に採集していたオテリアに再会できた。
7年の時間で忘れかけていた事実を再認識した。

今回の旅で再認識してきたのですが、エキノドルスに水底でお
となしく生育している深緑系の種類(オパークスとか)があるように
、オテリアにも強烈な個性で水底で頑張っている種類がありました。

下の写真がその深緑系のオテリアです。
ここでこのオテリアにオテリア コリンガと命名しようとおもいました。
コリンガとはブラジル語のトランプのジョーカ-の意味です。

この種類は日本でもまだられていないのではないか、と思います。
葉も根もしっかりしたとてもきれいな種類です。


これが ブラジリアン・オテリア・コリンガの現地の水中個体写真です。
地上葉は出さない種類とおもわれます。


これがブラジリアン レッド(赤タイプ)オテリア コリンガの水中葉の映像です。

コリンガの自生している小川には以下のとてもキレイなオテリア
が生えています。


川のダム状の溜まりの土手に赤い(紫)オテリアが2種類へばり
付いていました。素手で剥がして採集。


素手で採集してキレイニ洗浄して撮影。
葉の硬さ、形状からこれらも別種の2種類と思われる。

するとこの川にはオテリアの宝庫なのか、と思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここカが旅の始まり。


サンパウロ州の中央を縦断するカステロ・ブランコ自動車専用道を
ひたすら北西に向かって時速100km前後で駆け抜ける。
車窓は雄大なブラジル中央高原を走る。


最初の目的地で出会えた小型のエリオカウロンとシベルス、
湿地帯に可憐に力強く生きていた。


小さなエリオの側の草むらに隠れるように生育していた
エリオカウロンの大型10cmくらいに成長していた。


目的地アラグアイア川の支流にほんの少しだけ残っていた
赤いブラジル産希少オテリアの現地写真。


アラガイア川をバックに記念撮影

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください