エヴェリナエⅡ

Category

archive

Category

archive

2021年 7月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

皆さんこんにちは、昨日ご来店のお客様より前回のエヴェの話はタメになったとおほめのお言葉をいただきありがとうございました。
是非エヴェⅡ、エヴェⅢをやってくださいと言われましたので調子に乗って本日も書きたいと思います。
でも何かブログって日記?みたいなイメージが強いですが・・・まあいいですよね。
もう少し入荷情報やお店について書いたほうがいいですかね?

では本日は順番通りエヴェⅡについて書きたいと思います。
前回エヴェⅠはアークとレイコメのハイブリッドと書きましたが今回の主役のⅡは片親のアークは同じでもう1つはトリリネです。
特にエヴェⅡの特徴でもあるジャンクションラインはトリリネのラインをそのまま引きついでいると思われます。
もちろん個体によりそのラインが濃い、薄い、長い、短いなどのバリエーションは見られます。
その辺も好みですがやはり太くてハッキリ入っているのは人気があるようですね。
その特徴的な個体の写真があるので見てみてください。


どうでしょうか?かっこいいですね。
特に上の写真はアークの血が濃く一見するとラインアークと呼ばれるタイプに似ていますが体形が少し違いますよね。
従来のラインアークは普通のアークアータスにジャンクションラインを1本入れただけの個体です。
残念ながら最近はあまり見られなくなってしまったのと写真がないため紹介ができません。

エヴェリナエ全体に言えることですが飼育下で成長段階により変化をしていくのもこのコリドラスの楽しさでもあります。
このエヴェⅡに関しても変化はいろいろあり、例えば入荷したてでブラックトップが入っていますが成長するにつれ薄くなり最終的にはなくなる個体もいるそうです。
実はさっきお客さんに聞いた話なんです。
でも実際に飼っている方ならではの話ですよね。

あと体の模様も後から浮き出てきますし、背中のアーチも後から浮き出てくると表現すればいいのでしょうか?後からにじみ出てきますね。
丁度その特徴的な写真もありますので見てください。

分かりますでしょうか?
なんかこれから浮き出てきそうなラインがありますよね?
飼育下ではこれがはっきりとうき出てくるんですよ。
まあこのラインはアークの特徴でしょうでしょうけどね。

エヴェⅡもⅠ同様様々なタイプがいまして説明が難しいので見てみてください。
頑張って過去の写真の中で特徴的なのを探しました。

ではまず体こうの高いのから行きましょう!


どうでしょうか?高いですよね。
まあこの手は時期が来ればよくいるタイプでもありますよね。
ちなみにジャンクションラインは薄いですね。

では続いてアークの血が濃くなおかつ体こうの高いのを行きましょう!

このタイプはいそうでいないと思います。

では最後は1番人気が高いトリリネの血が強いタイプです。
写真はないですがもっと全身トリリネタイプも存在しますね。


上の写真は現地写真ですがいかにも後からネットワークが出てきそうですね。
下のはトリリネ?でしょか?何か中途半端ですよね。
ただエヴェの特徴も出ているのでマニア好みの個体ですかね?

大きく分けますとこんな感じです。
まだまだいろいろなタイプがいるのですがそれを紹介するのはキリがないくらいです。
逆を言えば2個体と同じのがいないため面白いですね。

本当に最後に番外編としてエヴェと一緒にやってきた個体を紹介したいと思います。
でも価格はエヴェ並でしたよ。


上が限りなくトリリネに近いですがトリリネでもないと言った感じでしょうか?
下はエヴェからかけ離れてH頭のアークですね。
でも意外と少ないんですよ。

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください