スリナムコリドラス

Category

archive

Category

archive

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

皆さんこんにちは、今年に入って少しコリドラスの入荷が少なかった気がしますが久々にスリナムコリドラスの入荷に伴い盛り上がって頂けましたでしょうか!
2月3月は少しアピストに力を入れていましたので入荷自体も少なかったですけどね。
個人的にスリナムのコリドラスには私が過去に採集に出向いた事もあり思い入れも少なくはないです。
色々書きたいことや思いもあるんですがそれはぼちぼち気が向いたら書かせていただきます。

では今回はその中でもちょっと気になる種類で当店の販売名のギアネンシス(マロウィネ リバー)(以下ギアネン)を取り上げたいと思います。
簡単に言えば今回のギアネンに関していえばほぼ初入荷で悪く言えば偽物、良く言えば激珍(古っ)です。
ではオリジナルのギアネンとどう違うのか?
これは申し訳ありませんが私はこの種類に関して採集もしたことないですし、あまり扱ったことがない為外見上の違いは書けません。
しいて言うなら色合いと今回のタイプは落ち着くと体に点々が出てくるようです。
それとオリジナルはニッケリィー川に対して今回のタイプは全く正反対の川マロウィネ川という情報です。
マロウィネ川はスリナムと隣の国のフランス領ガイアナとの国境の川になります。
こに川からは以前ホワイトバデリという名で似たようなタイプも来ていますね。

ギアネンシス(マロウィネ リバー)

スリナムの地図を見てもらえばわかるのですが主だった川がいくつもあり、その各川にギアネンのような白いコリドラスが大体存在しているようです。
あくまで地図上ですが右から順番に見ていくと今回のマロウィネ川から今回のギアネン、ホワイトバデリ、そしてスリナム川水系から私が採集したことがあるギアネンシス(スリナム リバー)がいます。
実はこれは日本未輸入種で過去1度も日本へ来ていません。
ちなみにその際にそのロングノーズも採れておりますが当然未輸入種です。
これらは写真だけご紹介します。

初公開 ギアネンシス(スリナム リバー)仮名

初公開 ヘテロモルフス(スリナム リバー)仮名

次にコペナム川ですがこの川で有名なのがコペナメンシスです。
ここ30年ぐらいでオリジナルタイプは当店に4匹のみです。
今回当店に入荷したのは似てはいますがオリジナルとは違いが見られるためあえてcfにさせて頂きました。
しかしこのタイプは私たちの予測ではなかなか面白いタイプと予想しているためわかり次第書かせていただきます。
話がそれましたがコペナム川にもギアネンは存在しているようで、私が以前スリナムに訪れた際にコペナム川の魚の本を手に入れた事があります。
その中にギアネンが出ていました。
他は当然コペナメンシス、スリナメンシス、ギアネンシス、ヘテロモルフスでした。
もしその本が見たい場合はお店にありますので是非来て申し出て下さい。

最後はニッケリー川ですがここはオリジナルの産地です。
さらにビコロールや今回のフィラメン、シパリウィニィの水系コランタイン川ですが現状でここからはギアネン系は知られてないです。
ただいる可能性は十分あります。

さらに隣の国のギアナには有名なポタロ川がありオリジナルのポタロエンシス、グリセウスなども知られています。
もっと大きく見ますとギアナ3国からブラジルにかけ似たようなタイプはたくさん知られています。
ちなみに最近来たジャリ・ポタロ、アマパ・ポタロなども似たようなタイプです。

あくまで私個人の楽しみも含めて書かせていただきましたがどうでしょうか?
正直色々書きすぎて私もわけがわからなくなっていますが面白いですよね!

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください