ラトゥス

Category

archive

Category

archive

2021年 7月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1

定休日

皆さんこんにちは、皆さん昨日のオリジナル便入荷見ていただけましたでしょうか?
当店にしては久々にボリビア便でもあります。
またオリジナル便自体結構久々でもありますね。
今回のボリビアは非常に悩んだ末に友人に行っていただき、またどうせいくなら長年の疑問?を解決するために本当のラタスを採りに行かせました。
いまさらと思いますが正直びっくりしたのは私のイメージとは少し違ったことでしたね。
一昔前までラタスといえば現パンタナルエンシスのことをそう呼んでいて、今から約10年前ぐらいにパンタナルエンシスという学名がつけられました。
ラタスではないことは分かっていましたがあえて学名がつけられると何か寂しい感じもしましたよね。
しかし、しばらくはラタスと呼んでいてパンタナルエンシスと呼ぶまでには少し時間もかかった記憶がありますね。
では本当のラタスとは?
私も含め私達のイメージはまず大きくならずに、またコロルのような感じというイメージでした。
実際海外サイトにも黒いコロルのような個体も紹介されていたぐらいです。

ではラタスの産地はボリビアの大きな川の1つベニ川の上流にあたる地域です。
正直何か別種が採れないか期待をしたのですが結果何もなく採集から帰ってきた1発目のメールではゲルイしか採れなかったとの返事でした。
しかしゲルイ?とは思いましたが添付としてきた写真にはどう見てもパンタナルエンシスでしたね。
その写真がこれです↓

しかしよく考えるとラタスを採りに行かせたのだからパンタナルではなくこれがラタスか!と気がつくまで正直少し時間がかかりました。
そのぐらいイメージと違ったのです。
思い込みってのは怖いですね。
しかしこれで長年の疑問が1つ晴れた気がしてうれしかったです。
いまさらですが意外と知られていない疑問の1つでもありましたからね。

今回はそれ以外でもアエネウスの新しいタイプ(以前は赤コリタイプ)、ビリネの綺麗なタイプ、ロングノーズのニューネグロ(アエネウスと混生タイプ)などがお勧めです。
ペルーからは2年ぶりのペルーナルキ(次回は分かりません)、当店得意のスーパーファーレリィ(残少)、オリジナルのハイフィン・アルマータス(いぶし銀タイプ)などもお勧めです。

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください