最新入荷情報

Category

archive

Category

archive

2021年 6月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

定休日

皆さんこんにちは、今週はあえて週半ばに最新入荷情報アップしたいと思います。
いつもは大体週末なんですが意表をついて本日アップします。
皆さんくれぐれもブログを見るのが遅かった!ということのないようにお願いしますね。
では以下が入荷分です。

Cショートノーズ・ニュースーパービコロール(LL) 大きめで綺麗ですよ

Cラージスポット・グァポレ(L~LL) 模様が粗いです

Cアルボリネアータス(グァポレ)LL 1匹のみ

Cシミリス(グァポレ)L 少数 珍

Cガラナ(グァポレ)L

Cカウディマ(ワイルド)L

CエヴェリナエⅠ(ML) 1匹のみ ブロークン

CエヴェリナエⅡ(ML) 1匹のみ 体に模様が出るタイプ

Cラージスポット・アラグ(クリスタリーノ)LL 綺麗

Cパンタナルエンシス(LL)

Cオイアポクエンシス(L~LL)

CセミアキルスⅤ(オリジナルタイプ)XL 初期タイプ 珍

Cspロクソ(ML) 1匹のみ

今回は以上です。
この中でいくつか紹介します。

まずはこのブログでも何度か取り上げたエヴェリナエです。
いまさら多くの説明は要らないですね。

続いてはラージスポット・アラグ(クリスタリーノ)です。
ここ数年はラージスポットタイプばかりで昔ながらのアラグアイエンシスや通称ショートノーズ・マクリフェルと呼ばれるタイプは全く来ていませんね。
その原因としてはこのコリドラスの名前にもなっているアラグアイア川の魚の輸出が禁止のためです。
もし持っている方は大事にしてください。
では何でラージスポットが来ているのか?その真相は私の口からは語れません。

このアラグの名前にクリスタリーノとついていますがこれはアラグアイア川の支流にあたる川の名前です。
この支流のタイプは非常に美しく地肌色も後々黄色味がかって来るのも特徴の1つです。
では写真を見てください。

続いてラージスポット・グァポレです。
このコリについては私も知識がなく多くは語れませんが、普通のグァポレを見慣れているせいか面白い色合いや顔つきをしています。
これをもっとジュリィぽくするとボリビアからその周辺に生息するパウセルナのような感じですね。

本日最後はセミアキルスⅤ(オリジナル)

オリジナルというのもどうかと思いますが、最近はこのタイプは来ていなく珍しいです。
前にも書きましたがセミアキのタイプは非常にバリエーションが多く1回きりというパターンもよく見られます。
今回のように模様などが微妙なタイプは現地人もあえて分けてきませんので次回同じものをと言っても残念ながらわかってくれません。
今回のタイプも10年ぐらい前はよく来ていましたが私的には久しぶりですね。
これらのタイプは文面では説明しにくいのですが体側の黒がべたっとして微妙にグリーンがかるところなど「懐かしい」という感じです。
またブラックトップが入るとこなど意外と他のタイプは見られない特徴も持っています(多少濃い薄いはあります)

今日はここまで!
これ以外も気になるのがあればご連絡ください。

*追加です。
本日問屋に行きましたら何かの話でセミアキとフォーレリィの話になりました。
話しているとやはり区別がつかないようですので私のブログを勧めて、次回私が来社するまでの宿題ということで帰ってきました。
次回までにもしわからなければジュース1本という約束ですので次回の来社が非常に楽しみです。
もしこれを見ていましたら是非勉強してください。

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください