~お知らせ&Apウィンケルフレックについて~

Apウィンケルフレック

Category

archive

Category

archive

2021年 12月
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2

 

*11月3日(水)は祭日のため営業します(10時~17時)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 *先日オリジナル便で入荷したApウィンケルフレック(以下ウィンケル)ですが、何かいつもと違う感じがすると思ってたらあるマニアの方にも同じことを言われました。

ただ具体的に何が違うかと文面では説明できないのですが顔や体の体色などがいつもと違う気がします。

そんな話を別のマニアに話したらなんと海外ウィンケルは2タイプあるらしく、今回のタイプが別なのかどうかも分かりませんが過去何度もウィンケルを輸入しているお店としては少し興味がわいたので調べました。

結果、学がない私には具体的な違いは見つけられませんでしたが、どうやらそれらのタイプはダークフォームとライトフォームと言われているらしいです。

単純に解釈すると色合いが明るいのと暗い(シック)という事だと思いますが、確かに今までのタイプは現地写真などからも分かる通り体色のブルーが光っていますが、今回のタイプはそこまで体色は青くないです。

そして顔の赤みは非常に強く出ております。

なので今回のタイプはダークタイプになるのかな?

一応在庫の写真を撮りましたがフラッシュの関係で色が飛んでいますが実物はもっと顔赤で飼いこめば赤くなりそうです(あとは飼育者の腕です)

現在現地の漁師には採集場所などは違うのか聞いておりますが、間違いなく返答はないと思いますが万が一何か情報があればお知らせします。

全国のウィンケルファンの皆さんあくまでも私の見解ですので正解か不正解は是非飼いこんでみてください。

このようにちょっとした採集地などの違いなどがアピストに限らず面白いですね。

川が1本違うだけで違ってきたりもします。

ただ中には興味がない人もいますので押しつけや否定は私たち販売する側が絶対にやってはいけないことで、楽しみのきっかけになってほしいと思いできるだけ必要な情報は出していきたいと思います。

最後にもし違っていてもお許しください(笑)

 

 

 

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください