Cアラグアイエンシス(リオ アラグアイ)

Category

archive

Category

archive

2021年 9月
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3

定休日

皆さんこんにちは、久々に懐かしシリーズの入荷です。
問屋に久々にアラグが来ますよ~と言われて思わず「懐かし~」と叫んでしまいました。


私なりにいろいろ調べてみるとかれこれ10年以上来ていないようです。
ある某マニアによると15年は来てないと言っていました。
確かに15年前だとそのころ私はまだ問屋で働いており確かにたくさん来ておりました。
その際に一緒に来ていたのが、これまたある意味幻のガラナ(バナナール)です。
これも毎回来るたびタイプが違っていて当時は楽しかった記憶があります。
話を戻すと当店がオープンして約14年でオープンした当初はまだガラナ(バナナール)も来ていましたので、おそらくその当時もアラグアイエンシスも来ていたと思います。
ただ当時はそこまで産地などにこだわりもなくアラグとマクリフェルも外見上の違いは難しい為わからないのが本音ですね。
ただ現地などの情報によると10年以上はアラグアイア川からは来ていないようです。
ではSNマクリフェルはどこから?
詳し川まではわかりませんが隣の州のミナス州から来ています。
そしてサイズも大きめが来ておりますのでアラグに比べ大きくもなるようです。
この種類はこの10年では何回も来ていますので皆さんそれと勘違いしている人もいるみたいですね。
先にも書きましたが同サイズのアラグとマクリでは外見上の違いは文章では非常に難しいです。
しいて言えば体型や顔つきなどが違うのかな?
あと最近学名が変わったようでラージスポット・アラグアイが普通のアラグアイエンシスになったようです。
ちなみにラージはアラグアイ川の上流です。
クリスタリーノ川やリオ ダス モルティス川などです。
では今回のアラグは学名がeversi(エヴェルシィ)になったようですがこれが今回のアラグかどうかまでは私にはわかりませんがおそらくあっているとは思います。
でもアラグはアラグでいいですかね!

少しややこしいですがわかったでしょうか?

チャオチャオ

熱帯魚ショップ店長を経験後、南米ブラジル・ペルーに単身渡航し熱帯魚の研究を行う。その後、日本へ帰国し、2004年12月にペスカドールをOPEN!
Written by Teruo Noguchi

SHOP

〒182-0033
東京都調布市富士見町4-8-1
TEL/FAX:0424-89-8531

Mailform

お問い合わせはお気軽に送信ください